Webライターはタブレットでも仕事ができるのか?メリット・デメリット解説

悩む人

Webライターを始めようと思うんだけど、タブレットでも仕事はできるのかな?

今回はこのような質問に答えます。

本記事の内容
  • Webライターはタブレットで仕事ができるのか?
  • Webライターがタブレットを使うメリット・デメリット
  • タブレットを使うWebライターの感想

近年はiPadなどのタブレットがとても人気であり、パソコンの代わりとして用いられるようになっています。

そのようなタブレットを使ってWebライターとして仕事ができるのか気になりますよね。

本記事ではWebライターがタブレットを使うメリット・デメリットを紹介しながら、タブレットだけで仕事ができるのかどうかを解説しますのでぜひ参考にしてください。

まだWebライターを始めていない人はWebライター 始め方も参考にしてみてください!

目次

Webライターはタブレットで仕事ができるのか?

Webライターはタブレットで仕事ができるのか?

Webライターはタブレットで仕事をすることは可能です。

Webライターは文章を書くのが主な仕事ですが、タブレットでも文章を書くことができるからです。

実際にタブレットを使ってWebライターとして活動している人います。

Webライターがタブレットを使うメリット

Webライターがタブレットを使うメリット

Webライターがタブレットを使うメリットは以下の3つです。

  • 持ち運びしやすい
  • 直感的に操作可能
  • 起動が速い

一つずつ解説していきます。

持ち運びしやすい

タブレットは持ち運びしやすいことが一番のメリットです。

家で使うときにはあまり気にしなくて良いですが、外で作業する場合には持ち運びやすさが重要となります。

特にWebライターは気分を変えるためにカフェなどで作業する方が多く、外で作業する場合も多いと思います。

持ち運びしやすさはWebライターにとって大きなメリットです。

直感的に操作可能

タブレットはパソコンと比べると直感的に操作することができます。

パソコンだとタッチパッドやマウスを使って操作することになりますが、タブレットだと普段使っているスマホと同じように操作が可能です。

画面を拡大したいときはピンチアウトしたり、指でスクロールして画面をすすめるなどの操作ができます。

普段スマホになれている人はタブレットが使いやすいと感じと思います。

起動が速い

タブレットは起動が速いです。

パソコンは立ち上げるのに数分かかることもありますが、タブレットはすぐに操作し始めることができます

スキマ時間にWebライターをする人も多いと思うので、起動が速いことは大きなメリットだと思います。

Webライターがタブレットを使うデメリット

Webライターがタブレットを使うデメリット

Webライターがタブレットを使うデメリットもいくつかデメリットもあるので解説します。

Webライターがタブレットを使うデメリットは以下の2つ。

  • 画面が小さい
  • 機能が制限される

一つずつ解説していきます。

画面が小さい

タブレットはパソコンと比べると画面が小さいです。

Webライターはリサーチしながら記事を書くことが多いので、ブラウザを開きながら文章を書くことが多いです。

そのとき2画面にすると作業しやすいのですが、画面が大きくないと2画面にするのは難しいです。

画面の大きさは作業の効率に直結するので、画面が小さいことはデメリットとなります。

機能が制限される

タブレットは機能が制限されてしまいます。

パソコンと同じように使うこともできますが、あくまでもタブレットです。

例えば、Chromeの拡張機能はタブレットで使うことができません。

他にも使えるソフトが違ったりなど、パソコンと比べると機能が制限されてしまことに注意が必要です。

タブレットを使うWebライターの感想

タブレットを使うWebライターの感想

パソコンとタブレットを組み合わせて使っている方もいますね。ただ、使いにくい点もあるようです。

Webライターがタブレットを使いこなすコツ

Webライターがタブレットを実際に使う場合に、より使いこなすコツを紹介します。

  • 外付けキーボードを使用する
  • スマホと一緒に使う
  • より性能の高いタブレットを使う

それぞれのコツについて詳しく解説します。

外付けキーボードを使用する

Webライターは文字を書くことが多いため、タイピングスピードがとても大事になります

ですが、タブレットだとキーボードが画面上の物になってしまうので、どうしてもスピードが遅くなってしまうのです。

なので、タブレットを使う場合には外付けキーボードを使いましょう。

iPadだと専用のキーボードが売られていますし、他のタブレットでもBluetoothをつなげて使用できるキーボードなどが売られていますよ。

スマホと一緒に使う

タブレットだとどうしても画面が小さくなってしまうので、サブディスプレイの役割としてスマホと一緒に使うのをお勧めします。

例えば、執筆はタブレットで行い、執筆途中の検索作業はスマホで行うなどすれば、なるべく画面を大きく使うことが可能です。

他にもスマホでできることはなるべくスマホでやるようにすれば、効率よくタブレットを使えると思いますよ。

より性能の高いタブレットを使う

タブレットをより使いこなすために、そもそも性能の高いタブレットを使うことが大事になります。

僕は以前、Amazonのタブレットを使ったことがあるのですが、充電もすぐに切れますし、2画面にできないなど使い心地は正直悪かったです。

安すぎるタブレットではかなり効率が落ちてしまうので、Webライターがタブレットを使う場合はできればiPadを使うのが良いと感じました。

まとめ:Webライターはタブレットでも仕事ができるのか?メリット・デメリット解説

Webライターがタブレットを使うメリット
  • 持ち運びしやすい
  • 直感的に操作可能
  • 起動が速い
Webライターがタブレットを使うデメリット
  • 画面が小さい
  • 機能が制限される

Webライターはタブレットを使って仕事をすることは可能です。

しかし、画面が小さかったり機能が制限されるなどのデメリットもあり、より効率を求めるのであればパソコンを使用することをおすすめします。

Webライターにオススメのパソコンとは?パソコンの選び方も解説

とはいえ、パソコンは高額なので無理に買う必要もなく、Webライターとして軌道に乗るまではタブレットだけで仕事をするのもよいかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる