大学生にWebライターをオススメしたい7つの理由【稼げます】

大学生

大学生だけどバイトめんどくさいし、ネット上で稼いでみたいな。
Webライターっていうのが気になるけど、大学生でも稼げるのかな?

今回はこんな質問に答えていきます。

本記事の内容
  • 大学生にWebライターをオススメしたい7つの理由
  • 大学生がWebライターを始める手順・コツ
  • 大学生がWebライターを始める際の注意点

この記事を書いている筆者は大学生ですが、Webライターとして月に数万円稼ぐことに成功しています。

「大学生でもWebライターとして稼げるのかな?」と不安に思うかもしれません。

しかし、時間がある大学生だからこそWebライターとして稼げると思っています。

今回は大学生にWebライターをおすすめしたい理由から、実際に大学生がWebライターとして稼ぐ方法まで解説しました。

ぜひ参考にしてください。

目次

そもそもWebライターとは?

そもそもWebライターとは?

Webライターとはネット上の文章を書く仕事のことを言います。

この記事のように、検索した時に出てくる記事を主に書いていくことになりますね。

ネット上の文章は、紙の文章とは違って「伝わる」文章が求められるなど少し違う性質を持っています。

  • 紙の文章→とにかく正しい日本語、文章量も多い
  • ネット上の文章→日本語が少々間違っていても伝わればOK、文章量も少ない

書いた内容が伝わればだいたいOKなので、大学生も取り掛かりやすいのではないでしょうか。

Webライターの収入はどのくらい?

Webライターの収入は~5万円ぐらいが相場です。

例えば、1文字1円で記事作成を受けたとして、2500文字×20記事納品すれば月5万円となります。

これよりも単価が高かったり作業量が増えると、さらに収入は増えていきます。

慣れてくると、2500文字の記事は数時間で書き終わります。

大学生にWebライターをオススメしたい7つの理由

大学生にWebライターをオススメしたい7つの理由

大学生にWebライターをオススメしたい理由は以下の7つです。

  • 特別なスキルが必要ない
  • 簡単に始められる
  • バイト以上に稼げる
  • 時間の使い方が自由
  • 自分で稼げるスキルを身に着けられる
  • ビジネスマナーが付く
  • そのままWebライターとして稼げる

ひとつずつ解説していきます。

スキルが必要ない

Webライターとして月に数万円稼ぐ程度であれば、特別なスキルは必要ではありません。

文章を書くのが苦手とでも全然大丈夫だと思います。

僕も高校生までは読書感想文すらまともに書けませんでした。

もちろん「日本語がある程度書ける」ということは必要になりますが、よっぽど支離滅裂な文章を書かない限りは大丈夫です。

むしろ誰にでも伝わるように簡単な日本語を使うことが推奨されています。

Webライターを本業にして暮らしていくとなるとSEOスキルなどいろいろと必要になりますが、大学生がお小遣い程度で稼ぐのであれば心配はいりません。

簡単に始められる

Webライターは初期投資もほとんど必要ありませんし、パソコン一台あればOK(最悪なくても可能)。

今の時代は大学がオンライン授業なので、大学生であればほとんどパソコンを持っていると思いますが、そのパソコンで大丈夫です。

仮にパソコンを持っていなかったとしても、スペックの低いパソコンでOKです。

例えばこんな感じ。

バイト以上に稼げる

Webライターはバイト以上に稼げる可能性は全然あります。

最初のころは少し厳しいかもしれませんが、慣れてくれば時給1000円は超えますね。

スキマ時間にちょこちょこやって稼ぐこともできますし、ちゃんとやればバイト以上に稼げると思いますよ。

時間の使い方が自由

Webライターは時間の使い方が自由です。

きちんと仕事さえすれば、いつどこで作業してもいいんです。

「今日バイトの気分じゃないけど行かなくちゃ」なんてことはなくなります。

時間の融通が利くので、友達の誘いを断ることもなくなります!

自分で稼げるスキルを身につけられる

Webライターとして仕事をすると自分で稼げるスキルを身に着けられます。

これからの時代、就職も厳しいと言われていますし、自分で稼げるスキルを持っておくだけでも安心できますね。

やってみると分かると思いますが、自分で稼ぐのは思いのほか大変です。

速めに自分で稼ぐという経験ができるのは良いと思います。

ビジネスマナーが付く

Webライターをしていると、ビジネスマナーが付いてきます。

実際に人と人が会って仕事をするわけではないので、ビジネスマナーのすべてが付くわけではないのですが、例えばメールの書き方や敬語などは学べると思います。

Webライターはクライアントさんと連絡を取り合う必要があるのですが、その際に学べました。

僕も最初はどういう言葉遣いをすればいいのかわかりませんでしたが、ネットで調べたり、クライアントさんの言葉遣いを真似したりして対応しています。

結構良い経験になりました。

そのままWebライターとして稼げる可能性も

Webライターとしてそのまま本業にできる可能性もあります。

中には月に数十万円と稼いでいる方もいますし、本気でやれば本業にできると思います。

他にも、Webライターをしていく中で学んだスキルを活かし、自分でブログを作って稼いだりもできますね。

大学生がWebライターを始める方法

大学生がWebライターを始める方法

大学生がWebライターを始める手順は以下の3ステップです。

  1. クラウドソーシングサイトに登録
  2. 案件を探す
  3. 実際に仕事を受注

クラウドソーシングサイトというのは仕事をマッチングしてくれるサイトです。

ライティング案件もたくさん募集されているので、クラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめ。

詳しくはこちらの記事に書いているので、ぜひご覧ください。

大学生がWebライターとして稼ぐコツ

大学生がWebライターとして稼ぐコツ

大学生がWebライターとして稼ぐコツは以下の3つです。

  • 最初にタスク案件をして実績を作る
  • 大学生であることを売りにする
  • ブログを始める

一つずつ解説していきます。

最初にタスク案件をして実績を作る

クラウドソーシングサイトに登録すると分かると思いますが、タスク案件とプロジェクト案件がありますよね。

  • タスク案件→簡単な仕事。誰でも作業可能。
  • プロジェクト案件→クライアントに選ばれた人のみ作業可能。

Webライターとして稼いでいくにはプロジェクト案件を主に受注していくのですが、クライアントさんに選ばれなければいけません。

そのためにもまずはタスク案件をこなして、「実際に仕事ができる」という実績を作っておきましょう。

初心者がいきなりプロジェクト案件で仕事を取るのはほぼ無理ゲー。

大学生であることを売りにする

せっかく大学生なので、大学生であることを売りにしましょう。

  • 大学生で時間があるので、メッセージに即返信できます。
  • 大学生でまだ実績もあまりないので、本来より安い単価で仕事を受けさせていただきます。

こんな感じで、大学生であることを売りにして仕事を取っていきましょう。

実際に僕もこのようにアピールして、仕事を取っています。

ブログを始める

Webライターとして稼ぎたいなら、ブログを作ることをおススメします。

なぜなら、ブログはポートフォリオとなるから。

ポートフォリオとは実績をまとめたもの。

ブログを作り、そこに記事を書いて公開することで「このくらいの文章を書けます」ということをクライアントさんにアピールすることができます。

クライアントさん側からしても、実力がしっかりとわかっている方に発注したいということは想像できると思います。

カラフルボックスというサーバーを使えば月に480円からブログが作れますよ。

大学生がWebライターを始める際の注意点

大学生がWebライターを始める際の注意点

大学生がWebライターを始める際の注意点は以下の3つです。

  • ブラック案件に注意する
  • 作業をしすぎる
  • 稼ぎすぎると税金がかかる

一つずつ解説していきます。

ブラック案件に注意する

文字単価が低すぎるブラック案件には注意しましょう。

目安としては、文字単価が0.5円以下の案件はブラック案件。

最初の実績作りと割り切って、文字単価が低い案件を受けるのは良いかもしれませんが、少し慣れてきたら文字単価が0.5円~の案件を受けるのがおすすめです。

案件を5件ぐらい受注できたら文字単価1円~

案件を5件ぐらい受けたら、文字単価が1円以上の案件を狙うのがおすすめです。

そのころになると、文章の書き方だったり、キーワードの入れ方とかも少しわかってくると思うので、文字単価1円以上の仕事も受けれると思います。

ただ、1円以上となるとポートフォリオがないと厳しいので、ブログを作っておくのがおすすめ。

作業をしすぎる

大学生がWebライターとして稼ごうとすると、1日中作業することも可能だと思います。

しかし、作業をしすぎると体を壊してしまうかもしれませんし、他のことにも時間を使えなくなってしまいます。

もっとお金を稼ぎたいと思うのなら、Webライターとして学んだスキルをブログなどに応用したほうがより稼げると思いますよ。

稼ぎすぎると税金がかかる

大学生だとほとんどの方が扶養に入っていると思いますが、稼ぎすぎてしまうと扶養から外れてしまいます。

よくバイトでいう103万以上稼がないようにしろと言われているのはこのためですね。

扶養を外れると、親の税金も高くなり、自分も税金を払わなければいけなくなるので、逆に手取りが減る場合も。

Webライターの場合、年間の所得が48万円をこえると扶養を外れるので、自分の所得をしっかりと把握しておきましょう。

青色申告を行うと、もう少し稼げる金額が増えるようです。

大学生Webライターのよくある質問

大学生Webライターのよくある質問をまとめました。

  • Webライターって稼げるの?
  • 文章をほとんど書いたことがないけど大丈夫?
  • タイピング遅いけど仕事できる?
  • Webライターを始めるために必要なものは?
  • どうしてもパソコンが必要?

Webライターって稼げるの?

はい、稼げます。

ただ実力や作業量によって収入が変わり、月数万円~数十万円と差が出てしまいます。

Webライターとして収入を上げたいのならば、本などを読むのも良いかもしれません。

文章をほとんど書いたことがないけど大丈夫?

文章をほとんど書いたことがなくてもWebライターとして仕事はできます。

最低限の日本語が書ければ、きちんとした文章が書けなくても大丈夫です。

何回も仕事をしていれば、自然と文章を書く力も付いてきます。

タイピングが遅いけど仕事できる?

タイピング遅くてもWebライターとして仕事できます。

もちろん速いに越したことはないですが、やっているうちにだんだんとタイピング速度も速くなってきてブラインドタッチもできるようになります。

スマホで文字を打ったり、音声入力を使うのもアリです。

Webライターを始めるために必要なものは?

パソコン1台とインターネット回線があればWebライターを始められます。

後はGoogleアカウントを取得して、スマホが用意できれば完璧です。

Webライターになるために必要なものはこちらの記事にまとめています。

どうしてもパソコンが必要?

パソコンがなくてもできなくはないです。

ただ、文章を打つのは圧倒的にパソコンのほうが速いですし、Webライターとして収入を上げるためにパソコンは必須です。

用意できるのであればパソコンを使いましょう。

大学生にWebライターはオススメ:まとめ

大学生にWebライターはとてもおすすめです。

バイト以上に稼げる場合もありますし、Webライターで学んだスキルは将来にも生かせそうです。

「バイトをやりたくない」と思っている方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる