Rinker「リクエスト回数が多すぎます」の対処方法【Amazon・楽天】

ブロガー

Rinkerを使ってるけど「リクエスト回数が多すぎます」というエラーが出て使えない。どうしたらいいんだろう?

今回はこのような質問に答えます。

本記事の内容
  • Rinkerの楽天で「リクエスト回数が多すぎます」のエラーが出た時の対処方法
  • RinkerのAmazonで「リクエスト回数が多すぎます」のエラーが出た時の対処方法

先日、Rinkerを使っていると「【エラー】リクエスト回数が多すぎます。しばらく時間を空けてからご利用ください。」というエラーが出てきて使えなくなってしまいました。

そして、いろいろと調べる中で解決することができたので、本記事ではRinkerで「リクエスト回数が多すぎます」というエラーが出た時の対処法を解説します。

ぜひ参考にしてください。

目次

Rinkerの楽天で「リクエスト回数が多すぎます」エラーの対処方法

Rinkerの楽天で「リクエスト回数が多すぎます」というエラーが出て場合には、以下の2STEPで解決することができます。

  1. 楽天アプリIDを発行する
  2. RinkerにアプリIDを入力

楽天アプリIDを発行する

まずは楽天ウェブサービスにアクセス。右上の「アプリIDを発行」をクリックします。

画面に従って、必要な情報を入力します。

  • アプリ名→ブログ名
  • アプリURL→ブログURL

アプリIDが発行できたら、下の赤枠の「アプリID/デベロッパーID」をコピーします。

RinkerにアプリIDを入力

続いて、WordPressの設定→Rinker設定画面を開きます。

下の画像の「アプリID/デベロッパーID」に先ほどコピーしたアプリID/デベロッパーIDを貼り付けます。

以上で終了です。

RinkerのAmazonで「リクエスト回数が多すぎます」エラーの対処方法

RinkerのAmazonでリクエスト回数が多すぎますというエラーが出た場合の対処法として、以下の2点があります。

  • 手動でリンクを作成する
  • 楽天から商品検索を行う

一つずつ解説します。

手動でリンクを作成する

一つ目の方法として手動でリンクを作成する方法があります。

「商品リンク」→「新規登録」よりリンクを作成します。

まずは表示させたいタイトルを入力し、リンクの種類は「Amazon」を選択、商品URLのリンクを貼り付けます。

※ここで貼り付けるのはアソシエイトで作成したURLです。

下のほうに行き、検索ワードに検索したいキーワードを入力し、更新することでAmazon、楽天、yahooボタンのURLが自動で入力されます。

最後に画像を設定します。

Amazonの商品画像にURLをコピーして、以下の画像のように3か所に貼り付けます。

設定できたら保存をして、他の商品リンクと同じ要領でブログに貼り付けます。

実際に作成したらこのような感じになりました。

楽天市場から商品検索を行う

まずはAmazonではなく楽天市場から商品検索を行い、商品リンクを作成します。

作成できたら、「登録済み商品リンクから検索」から「リンク編集」をクリック。

すると、以下のような画面に移ります。

このままでは楽天のURLに設定されてしまっているので、AmazonのURLに変更します。

「リンクの種類」をAmazonに変更、Amazonの商品リンクを「Amazon商品詳細URL」に貼り付けます。

変更を保存し、いつもの要領でブログに貼り付ければ完成です。

実際に作成したらこのような感じになりました。

Amazonの検索が使えないのは、商品が売れてないのが原因。
以上のようにリンクを作り、再度売れればまた使えるようになります。

Amzon・楽天アフィリエイトはもしもアフィリエイトがオススメ

Amazon・楽天アフィリエイトをする場合はもしもアフィリエイトがおすすめです。

理由は以下の通り。

  • 利率は変わらない。
  • 審査に通りやすい。
  • 支払い最低金額が安い。

初心者のころは収益も少なく、Amazonや楽天アフィリエイトを利用しているとなかなか引き出せないということがありますが、もしもアフィリエイトではそれが解決できます。

料率等も変わらないので、もしもアフィリエイトでOK。

ただし、もしもアフィリエイトでは紹介できないサービスもあるので、確認は必要となります。

普通に商品を紹介する分には問題ありません。

\ 詳しく見る /

まとめ:Rinkerリクエスト回数が多すぎますの対処方法

楽天
  1. 楽天アプリIDを発行する
  2. RinkerにアプリIDを入力
Amazon
  • 手動でリンクを作成する
  • 楽天から商品検索を行う

Rinkerの「リクエスト回数が多すぎます」の対処方法をAmazonと楽天の二つで解説しました。

今回解説した方法を実践してもらえばエラーを直せると思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる