PREP法をブログ記事で使う方法【読まれる記事を書く】

初心者ブロガー

ブログ記事を書くためにPREP法がいいって聞いたけど、どうやって書いたらいいんだろう?

今回はこのような質問に答えます。

本記事の内容
  • PREP法とは?
  • PREP法をブログ記事で使う理由
  • PREP法をブログ記事で使う方法

読まれるブログ記事を書くためにはPREP法が有効です。

本記事ではPREP法をブログ記事で使う方法や、そもそもPREP法をブログ記事で使う理由を解説します。

ぜひ参考にしてください。

目次

PREP法とは?

PREP法とはPoint、Reason、Example、Pointの4つの流れで文章を書く方法のこと。

  1. Point:結論
  2. Reason:理由
  3. Example:具体例
  4. Point:結論

それぞれの頭文字をとってPREP法と名付けられました。

まずは結論を書き、その後に理由や具体例を付け加える文章の書き方です。

PREP法をブログ記事で使う理由

PREP法を使うとユーザーに読まれるブログ記事を書くことができます。

PREP法は最初に結論を書くため、ユーザーが知りたい情報を無駄なく伝えることができるのです。

結論が全然書かれておらず、ダラダラと具体例や理由が書かれた文章は読む気になりませんよね。

ユーザーが読みやすいブログ記事にするために、PREP法が必要となるのです。

PREP法をブログ記事で使う方法

PREP法をブログ記事で使う方法を具体的に解説します。

実は、一つ前の「PREP法をブログ記事で使う理由」の見出しにはPREP法を使用していました

Point:結論

まずは見出し内で伝えたいことを一番最初に書きます。

例) PREP法を使うとユーザーに読まれるブログ記事を書くことができます。

Reason:理由

次にその結論に至った理由を書きます。

例) PREP法は最初に結論を書くため、ユーザーが知りたい情報を無駄なく伝えることができるのです。

Example:具体例

次に見出し内で伝えたいことの具体例を書きます。

具体例がない場合は、理由を補足したり、さらにもう一つの理由を書くなどしてもよいです。

例) 結論が全然書かれておらず、ダラダラと具体例や理由が書かれた文章は読む気になりませんよね。

Point:結論

最後にもう一度結論を書きます。

最初に書いた結論と少し言葉を変えると、読みやすい文章になります。

例) ユーザーが読みやすいブログ記事にするために、PREP法が必要となるのです。

PREP法以外のライティング技術

PREP法意外にもブログ記事を執筆する際に使うライティング技術はいくつかあります。

例えば、ブログ記事にSEOライティングは必須です。

他にもセールライティングを取り入れることで、成約率を上げることができ、収益の向上につながります。

Webライターに挑戦

ブログ記事の書き方を学ぶためにWebライターに挑戦するのもおすすめです。

Webライターとはネット上の文章を書く仕事で、ブログ記事やアフィリエイトサイトの記事を書くのが主な仕事になります。

Webライターとして仕事をすることで、自分が書いた記事を添削してもらえたり、実際にブログやアフィリエイトで稼いでいる人の文章の書き方なども学ぶことができます。

僕もWebライターを初めてかなりの知識をつけることができました。

まとめ:PREP法をブログ記事で使う方法【読まれる記事を書く】

  1. Point:結論
  2. Reason:理由
  3. Example:具体例
  4. Point:結論

PREP法をブログ記事で使うことで「読まれる」記事を書くことができます。

読まれる記事が書けるようになれば、収益の向上にもつながるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる