キーワード選定のやり方を3STEPで解説【ブロガー必見】

初心者ブロガー

ブログ書いてるけどなかなかアクセスが集まらない…キーワード選定が大事って聞いたけどどうやってやればいいんだろう?

今回はこんな質問に答えます。

本記事の内容
  • キーワード選定をやる理由は?
  • キーワード選定のやり方
  • キーワードの種類について

キーワード選定は記事を書く上で一番大事な作業と言っても過言ではありません。

キーワード選定ができていないと、どれだけ良い記事を書こうが上位表示させることができないのです。

本記事ではキーワード選定のやり方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

キーワード選定をやる理由は?

キーワード選定をやる理由は?

キーワード選定は記事を上位表示させるためにやります。

キーワード選定をしていないと、いくら良い記事を書いても上位表示することはできません。

企業サイトや強いサイトばかりが上位表示しているキーワードで記事を書いても上位表示させることはほぼほぼ不可能です。

逆にしっかりとキーワード選定していれば、ブログを初めて数か月でも上位表示させることも可能です。

キーワード選定は絶対やりましょう。

キーワード選定のやり方

キーワード選定のやり方

キーワード選定は以下の手順で行います。

  1. キーワードの洗い出し
  2. 検索ボリュームを確認
  3. 実際にキーワードで検索

ひとつずつ解説します。

キーワード選定①キーワードの洗い出し

まずはキーワードを洗い出していきます

キーワードは自分で考えだしても良いですが、限界があると思うので「ラッコキーワード」を使っていきます。

ラッコキーワードはあるキーワードを入力すると、そのキーワードに関連した語句を洗い出してくれるツールです。

このツールを使えば、キーワードは無限に見つかります。

例えば、「ブログ」と入力するとブログに関連したキーワードを大量に表示してくれます。

キーワード選定①キーワードの洗い出し

キーワード選定②検索ボリュームを確認

キーワードの洗い出しができたら検索ボリュームを確認します

まずは先ほどのラッコキーワードの「全キーワードコピー」をクリック。

「全キーワードコピー」をクリック

そして、キーワードプランナーより検索ボリュームを確認します。

キーワードプランナーはGoogleが提供しているサービス。アドセンスに合格していればログインするだけで使用可能です。

キーワードプランナーの「検索ボリュームと予測データを確認する」をクリック。

キーワードプランナーの「検索ボリュームと予測データを確認する」をクリック

先ほどコピーしたキーワードをすべて貼付け、「開始する」をクリック。

先ほどコピーしたキーワードをすべて貼付け、「開始する」をクリック

過去の指標をcsv形式、もしくはスプレッド形式でダウンロードします。

過去の指標をcsv形式、もしくはスプレッド形式でダウンロードします

フィルタをつけるなどして並び替えるととても分かりやすいです。

フィルタをつけるなどして並び替えるととても分かりやすいです

キーワードがたくさんある中で、ボリュームが100~1000、競合性が「低」のキーワードがあったら狙い目です。

アクセスもそこそこあり、ライバルの少ないキーワードがそのぐらいの数字です。

キーワード選定③実際にキーワードで検索

検索ボリュームを確認できたら実際にそのキーワードで検索していきます。

検索した結果、1ページ目が基本的に以下のようなキーワードは書きません

  • 企業サイトばかり
  • ドメインパワーが強いサイトばかり

ドメインパワーはmozberというChromeの拡張機能で確認できます。

以上のようなキーワードで記事を書いても、上位表示させられる可能性は限りなく低く、アクセスの集めにくい記事を作ってしまうことになります。

逆に、ドメインパワーの低いサイトや記事のクオリティーが低いサイトが上位表示されていたらねらい目のキーワードです。

そのキーワードで記事を執筆しましょう。

キーワードの種類について

キーワードの種類について

ちなみに、キーワードには以下の3種類があります。

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • ロングテールキーワード

ビッグキーワード

ビッグキーワードは主に単体のキーワードのことを表し、上位表示できれば多くの流入が見込めます。

例えば「ブログ」などのキーワードです。

これらのキーワードは企業サイトやドメインパワーの高いサイトしか上位表示することができず、これらのキーワードで記事を書くのは現実的でありません。

ミドルキーワード

ミドルキーワードは主に2語のキーワードのことを表し、ビッグキーワードよりは競合性が低いです。

例えば「ブログ 始め方」などのキーワードです。

ビッグキーワードより上位表示させやすいですが、個人サイトだとミドルキーワードでも難しいです。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは主に3語以上からなるキーワードで競合性が低いです。

「ブログ 始め方 スマホ」などが当てはまります。

ロングテールキーワードであれば個人ブログでも上位表示させることが可能であり、キーワード選定でもロングテールキーワードを主に狙っていきます

記事を書いたあとにやるべきこと

記事を書いたあとにやるべきこと

キーワード選定をして記事を書いた後にもまだやるべきことが残っています。

記事の順位を追う

記事を執筆後は順位を追うことが大事です。

記事を書いたままにしていては答え合わせをすることができず、いつまで経ってもブログを成長させられません

記事の順位を追うためには「GRC 」などの順位チェックツールをよく使います。

ライターしながらSEOを学ぶ

書いた記事の順位が上がらない場合SEO対策ができていない可能性があります。

Webサイトを読むなどしてSEOを学んでも良いですが、個人的には実践しながらSEOを学ぶとより自分の力になると思っています。

実際に僕はWebライターとして仕事をしているのですが、SEOについてサイトでは見つけられなかった情報を知ることができたり、肌感覚でSEOを理解することができました。

まとめ:キーワード選定のやり方を3STEPで解説

まとめ:キーワード選定のやり方を3STEPで解説
  1. キーワードを洗い出す
  2. キーワードのボリュームを確認
  3. 実際に検索する

キーワード選定は以上の3STEPで行うことができます。

キーワード選定はブログ記事を書く上で一番大事な工程で、キーワード選定ができていないと上位表示させることができません。

きちんとキーワード選定をしてからブログ記事を書くようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる