ブログ1記事目は自己紹介を書くべきでない【1記事目の書き方を解説】

ブログ初心者

ブログ始めたばっかりなんだけど、1記事目はどんな内容をかけばいいんだろう?

本日はこのような質問に答えます。

この記事の内容
  • ブログ1記事目に自己紹介はいらない
  • ブログ1記事目の書き方3STEP
  • ブログ1記事目を書くときに注意すべき3つのこと

この記事ではブログ1記事目にどんな内容をかけばいいのか、1記事目の書き方・注意すべきことについて解説しています。

ブログ1記事目ではよく自己紹介文を書く人がいますが、個人的に自己紹介は書くべきでないと思っています。

その理由もあわせて本記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

ブログ1記事目に自己紹介はいらない

ブログ1記事目に自己紹介を書く必要はありません。

見たことも聞いたこともない赤の他人の自己紹介を見たい人はいないからです。

有名人であれば自己紹介記事も価値があるでしょうが、あなたがただの一般人なのであればただの自己満です。

1記事目から自己紹介記事を書くことはやめましょう。

では、ブログ1記事目にはどのような記事を書けばよいのでしょうか?

ブログ1記事目を特別意識する必要はない

ブログ1記事目だからといって特別意識する必要はありません。

あくまでもブログの中の1記事として、上位表示できるような記事を書きましょう。

上位表示できる記事の書き方は下で説明しているので、参考にしてください。

とはいえ、1記事目は記念になる記事です。

テンションをあげるためにも、自分の書きたいテーマで、自分の好きなように書くのも全然良いと思いますよ。

ブログ1記事目の書き方3STEP

ブログ1記事目は以下のステップで記事を書きましょう。

  1. キーワード選定
  2. 記事を書く
  3. リライト

ブログ1記事目の書き方①キーワード選定

キーワード選定とはどのキーワードで上位表示を狙うのか決めることです。

ブログ記事を書く目的は上位表示することだと思いますが、個人レベルであればどんなに頑張っても上位表示できないキーワードもあります。

そのため、どのキーワードであれば上位表示できそうなのかを決めていく作業が必要になります。

キーワード選定の作業は主に以下の作業が必要になります。

  1. キーワードの洗い出し
  2. 検索ボリュームを確認
  3. 実際にキーワードで検索

詳しくはキーワード選定 やり方に詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてください。

ブログ1記事目の書き方②記事を書く

キーワード選定が終わったら、実際に記事を書いていきます。

記事を書くときには検索意図を満たすことが重要になるので、実際にキーワードで検索してみて、上位記事はどんな内容が書いてあるのか調べましょう

上位記事に書いてある方向性で記事を書くと、検索意図を大きく外れることは少なくなります。

また、記事を書くときにはPREP法を使うと良いと言われています。

PREP法とはおおまかにいうと、結論から文章を書き始める方法です。

PREP法に沿って当てはめながら文章を書いたほうが、かなり文章も書きやすいですし、初心者でもそれなりの文章が書けるようになります。

ブログを書くときには完璧を求めすぎないようにしよう

1記事目から完璧な文章をことなんてほぼほぼ不可能です。

僕でも最初から完璧な文章を書くなんでできません。

この次にも書きますが、ブログ記事を書いた後にリライトをすることで記事のクオリティをどんどん上げていく作業をこの後することになります。

どうせリライトしてしまえばよいので、ある程度文章が書けたら投稿してしまいましょう。

ブログ1記事目の書き方③リライト

ブログに記事を投稿してある程度時間たったら(3か月~半年程度)リライトを進めていきます。

リライトではGRC などの順位チェックツールなどを使って、順位が低い記事の書き直しをします。

リライトでは主に以下の事に取り組むことが多いです。

  • タイトル変更
  • 見出しの順番変更
  • 見出し追加
  • 文量を増やす

1か月目の段階ではまだリライトについて考えなくてもよいですが、GRC などの順位チェックツールなどを使ってデータをためておくと後々役立ちます。

ブログ1記事目を書くときに注意すべき3つのこと

ブログ1記事目を書くときに注意すべきことは以下の3点です。

  • 完璧に書こうとしすぎない
  • 文字数は少なくて大丈夫
  • pvを期待しすぎない

それぞれ詳しく解説します。

①完璧に書こうとしすぎない

ブログ1記事目から完璧に書こうとしすぎると、いつまでたっても記事を投稿できません。

先ほども書きましたが、ブログ1記事目から完璧に書くことはほとんど不可能です。

ブログ記事を上位表示させるためには、SEOやWebライティングの知識がある程度必要になると思いますが、この段階でそのような知識を持っている人はほとんどいないでしょう。

ある程度知識が付いた段階でリライトすればいいので、完璧に書くことはあきらめて記事の投稿を優先することをおススメします。

②文字数は少なくても大丈夫

ブログ1記事目では文字数も意識しすぎないようにしましょう。

ブログ記事を実際に上位表示するためには2000文字、3000文字必要と言われていますが、最初からそんな文量を書くことは難しいと思います。

実際に僕も1記事目は1000文字もなかった覚えがあります。

文字数もあとからリライトして足せばよいので、あまり気にしすぎないように。

③pvを期待しすぎない

ブログ1記事目からpvを集めるのはなかなか難しいです。

というのも、記事が評価されるのは投稿してから3か月程度と一般的には言われているからです。

SNS等を使えば1記事目からpvを集めることもできるかもしれませんが、通常の検索からpvを集めることはほぼ無理だということを覚えておきましょう。

まとめ:ブログ1記事目は自己紹介を書くべきでない【1記事目の書き方を解説】

本記事まとめ
  • ブログ1記事目は自己紹介を書くべきでない
  • キーワード選定→執筆→リライトの順番で記事を書く
  • 完璧に書こうとしすぎない

ブログ1記事目についてまとめました。

初めてブログを書くときは難しいと感じると思いますが、慣れてくればかなり楽に書けるようになります。

ぜひ本記事で書いたことを参考にしながら、記事の執筆頑張ってください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる