Audibleの使い方は?登録方法・メリット・デメリット・注意点・返品方法・解約方法まとめ

悩む人

Audible使ってみたいけど使い方が分からない…解説してほしいな

今回はこのような質問に答えていきます。

本記事の内容
  • Audible登録方法・使い方
  • Audibleメリット・デメリット・注意点
  • Audible返品方法・解約方法

最近はオーディオブックが話題になっており、Amazonが提供しているAudibleも人気となっています。

本記事ではAudibleの登録方法・使い方からメリット・デメリット・注意点や返品方法・解約方法などAudibleに関する情報をまとめました。

この記事を読めばAudibleがどのようなサービスなのか理解できるようにしていますので、ぜひ参考にしてください。

目次

Audibleとは

AudibleとはAmazonから提供されているオーディオブックサービスのことです。

40万冊以上と豊富な種類の本が配信されているのがポイントです。

会員価格は1,500円で、会員になると以下の特典を受けられます。

  • 毎月1コイン配布
  • 無料でボーナスタイトルを聞ける
  • オーディオブックが30%オフ
  • ポッドキャストが聞き放題

1コインでオーディオブック一つと交換可能

会員になったときに配布されるコインはオーディオブック一つと交換することができます。

交換できるオーディオブックに制限はなく、Audible上にあるオーディオブックであればどれでもコインを使って購入することが可能です。

オーディオブックは普通の本よりも値段が高く、ビジネス書を見てみると2000円を超えているものがほとんどです。

Audibleの会員にならなくても購入はできる

オーディオブックは会員にならなくても購入することができます。

しかし、オーディオブックは値段が高いので会員になったほうがオトクな場合が多いです。

他にも先に紹介したような特典も受けることができるので、オーディオブックを購入しようと考えているのならば会員になったほうが良さそうです。

Audibleに登録する方法

Audibleに登録する方法を解説していきます。

Audibleには1ヵ月無料体験があるので、そちらを利用します。

まずはaudibleの公式サイトにアクセス。

そして「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」をクリック。

「30日間の無料体験を試す」をクリック。

「無料体験を試す」をクリック。

これでAudibleへの登録は完了です。

Audibleの使い方

続いて、Audibleの使い方を解説していきます。

使用するデバイスにアプリをインストール

まずはAudibleのアプリをダウンロードします。

App StoreやGoogle Playストアなどで「Audible」と検索すると、Audibleアプリが出てくると思います。

ダウンロードできたら、ログインしましょう。

本を探しダウンロード

ログインできたら、本を探してダウンロードしていきます。

Audibleのアプリ上で様々なコンテンツを見つけることができるので、自分が聴きたいと思うオーディオブックを探してみてください。

聴きたいオーディオブックを探せたら、「1コインで購入」をクリックすることで無料でダウンロードすることができます。

Audibleの評判・口コミ

Audibleの評判・口コミを調べてみました。

「使ってみて良かった」との意見が多かったですが、中には微妙だと思う人もいるみたいです。

Audibleの注意点

Audibleにはいくつか注意点があるので解説していきます。

iPhone版Audibleアプリからは購入できない

iPhone版のAudibleアプリからはオーディオブックを購入することができません。

そのため、ブラウザからAudibleサイトにアクセスして作品を購入する必要があります。

購入する場所と聴く場所が違い、少し手間がかかってしまうのが面倒です。

使わなかったコインは翌月に持ち越し可能

Audibleのコインは持ち越すことができます。

ですので、欲しいオーディオブックがなくても無理やりコインを使う必要はありません。

ただし、Audibleコインの使用期限は6か月となっていますので、なるべく早く使っておくことをオススメします。

返品には上限回数がある

Audibleのオーディオブックの返品には上限回数があります

オーディオブックを返品するとコインが帰ってくるため、購入→返品→購入を繰り返す人もいるようですが、きちんと対策はされています。

そもそも倫理的によくない行為だとは思いますが、無限にオーディオブックを購入することはできないので注意してください。

Audibleのデメリット

Audibleのデメリットをいくつか紹介しておきます。Audibleのデメリットは以下の通り。

  • 値段が高い
  • ラインナップが少ない

ひとつずつ解説していきます。

値段が高い

Audibleは月額1,500円と値段は高いです。

もちろんオーディオブックの値段を考えるとかなりお得ですが、一般的に考えて月に1,500円の出費は意外と大きいのではないでしょうか。

普段から本を読む人にとってはお得なサービスかもしれませんが、たまに読む程度の人にとっては手の出しにくいサービスかもしれません。

ラインナップが少ない

Audibleのデメリットというかオーディオブック全体のデメリットとなりますが、紙や電子書籍の本と比べるとラインナップが少ないです。

Audibleを使ってみると分かりますが、すべての本がオーディオブックになっているわけではありません。

ベストセラーなど有名どころの本はほとんどオーディオブック化されているのであまり不便には感じないかもしれませんが、自分が読みたいと思う本がオーディオブック化されておらず利用できない場合もありますので注意が必要です。

Audibleのメリット

続いて、Audibleのメリットを紹介します。

Audibleのメリットは以下の通り。

  • 無料で試すことができる
  • バックグラウンド再生ができる
  • 一度購入すれば解約しても聴ける
  • 本を読むのが苦手な人でも理解できる
  • スリープタイマーが便利
  • アプリが使いやすい
  • ブックマークできる

ひとつづつ解説していきます。

無料で試すことができる

Audibleは無料期間が設けられているのが大きいです。

オーディオブックを利用したことある人はまだまだ少なくどのようなものか分からない人も多いと思います。

Audibleは無料期間で試しに一度使ってみて、自分に合うのかどうか試してから利用を開始することができるので無駄にお金を払うこともありません。

バックグラウンド再生ができる

Audibleはバックグラウンド再生ができるので、他のことをしながらオーディオブックを聴くことができます。

家事をしながら聴いたり、通勤中などにも聴くことができるので効率よく本の内容を理解することができます。

忙しくてなかなか本を読む時間を作れない人にはもってこいのサービスです。

一度購入すれば解約しても聞ける

Audibleは一度購入すれば解約後もオーディオブックを聴くことができます

せっかく購入したオーディオブックがなくなってしまうのが怖くて解約できないということはありません。

本を読むのが苦手な人でも理解できる

Audibleは音声で本の内容を理解することができるので、本を読むのが苦手な人にはとてもおすすめできます。

「本を読みたいんだけど活字が嫌いでなかなか読むことができない」という人には画期的なサービスなのではないでしょうか。

スリープタイマーが便利

Audibleにはスリープタイマー機能があります。

スリープタイマー機能はあらかじめ設定した時間が経過すると再生を終了する機能です。

Audibleを聴きながら寝落ちしてしまう対策にもなりますし、普通にタイマーとして活用することも可能です。

アプリが使いやすい

Audibleアプリはかなり使いやすいです。

Audible専用のアプリとなっているので余分な機能なども入っておらず、直感的に操作方法を理解することができます。

僕もAudibleアプリを入れてみましたが、なんの説明を見なくても使い方を理解することができました。

アプリが使いやすいとかなりストレスも減るので嬉しいポイントです。

ブックマークできる

Audibleにはブックマーク機能があります。

再生中にブックマークすることで、その地点からもう一度聞き直すことができます。

Audibleは音声なので前にさかのぼることが難しいため、ブックマーク機能は嬉しい機能ですね。

Audibleを返品する方法

Audibleを返品する方法を解説します。

まずは右上の「○○さん こんにちは!」にカーソルを合わせ、アカウントサービスをクリックします。

続いて、左の「購入履歴(返品)」をクリックします。

そして、返品したい商品を選び、「返品する」をクリックします。

これで返品することができます。

Audibleを解約する方法

Audibleを解約する方法を解説します。

まずは右上の「○○さん こんにちは!」にカーソルを合わせ、アカウントサービスをクリックします。

「退会手続きへ」をクリック。

注意書きが出てくるので確認したら、「このまま退会手続きを行う」をクリック。

退会理由を選択し、「次へ」をクリック。

「退会手続きを完了する」をクリックして、Audibleから退会することができます。

Audibleの使い方は?登録方法、メリット・デメリット・注意点、返品方法・解約方法まとめ

Audible登録方法・使い方
  1. audible公式サイトから一か月無料体験に申し込む
  2. アプリをダウンロードしてログイン
  3. 自分の読みたい作品をダウンロード

Audibleの登録方法や使い方、メリット・デメリット・注意点、返品方法・解約方法について解説しました。

Audibleには一か月無料体験が用意されており、無料で一冊聴くことができるので申し込んで損はありません。

無料体験だけ使おうと思っている人は解約することも忘れずに。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役大学生。「りとブログ」ではブログ・Webライターのことを中心に発信しています。【実績】過去運営していたブログは2ヵ月で収益5000円達成。Twitterも開始約1か月でフォロワー1000人達成。

コメント

コメントする

目次
閉じる